古屋圭司通信

岸田改造内閣発足

カテゴリー:未分類

2022年08月10日

岸田改造内閣発足。
新内閣の評価は控えたいが、初入閣は9人となった。今回初入閣しなかった議員にも適任者は大勢控えており、改めて強調したいのは自民党の人材は豊富だということ。何故か。それは連日朝から開催される党政調会の部会や会議等で政策を常に磨いているからだ。我々ベテラン議員の責務はこのような有為な人材をしっかりと育てていくことだ。
高市氏は政調会長から経済安保担当大臣に指名されたが、このテーマは本人が強い関心を持って取り組んでいたので適役だ。
一年近く高市氏を政調会長代行として補佐したが、政局よりも「政策屋」で政策を突き詰める政治家だ。重要テーマである経済安全保障を徹底的に進めることを期待する。298092818_2695330787264000_412088820308048051_n

コメントはまだありません

今日は一日議員会館にて

カテゴリー:未分類

2022年08月09日

今日は一日議員会館にて来客対応やメディアからの取材、関係省庁からのヒアリングや打ち合わせに充てる。

DSCN9938

DSCN9942

DSCN9954

産経新聞原川記者からは、故安倍元総理に関する取材を受ける。

DSCN9950

 

外務省アジアコーカサス室武田室長来訪。先の中央アジア出張について今後の取り組みについて打ち合わせ。中央アジアのウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン、キルギス、トルクメニスタン5か国はいずれも日本とは友好的な関係を維持し且つ豊富な鉱物・エネルギー資源を有している。今回の訪問を通じて5か国はそれぞれの思惑が異なることを実感。太平洋島嶼国14か国を束ねて太平洋島嶼国サミット(PALM)を日本が主導して立ち上げ大きな成果を上げていることを参考に、今後は日本が主導して「中央アジアサミット」をPALMに倣い3年に一度日本で開催することを提案している。しっかりとその実現に向け働きかけをしていきたい。

DSCN9952

また、この度の参議院選挙で初当選したマンガ家の赤松健氏来訪。私がMANGA議員連盟会長として取組んでいるMANGAナショナルセンター法案の成立を目指して、日本漫画家協会常務理事の立場も活用して汗を流してほしい。

DSCN9946

 

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

台湾側議員連盟「亜東国会議員友好協会」と「日華議員懇談会」との懇談会・意見交換会を開催。

私が会長を務める日華議員懇談会の役員や主要メンバーが参加して台湾国会議員との意見交換会を開催。ウクライナ侵攻を契機に最近は台湾への関心と東アジア・台湾海峡の安全保障問題は大きなテーマとなっている。米国ペローシ下院議長の台湾訪問に対し中国は軍事的威嚇を行っているが、かつて李登輝総統が母校であるコーネル大学にて講演した際にも台湾海峡にミサイル発射した過去もあり、今回の訪問でも同様に中国は威嚇。これは想定の範囲だが今日は、その安全保障問題や台湾が参加を希望するTPP問題等について率直な意見交換。極めて有意義な会合となった。1 2 DSCN9920

 

この他にも、地元へのデータセンター誘致について、経産省野原商務情報局長から報告を受ける。DSCN9874

 

 

また、杉本福井県知事らから北陸新幹線延伸の要望を受けたり、省庁からのヒアリングや相談に充てる。

DSCN9932

DSCN9877

 

DSCN9936

 

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

タジキスタン最終日

カテゴリー:未分類

2022年08月03日

タジキスタン最終日。
朝8時から。外交樹立30年を記念して、草の根支援等の事業が積極的に展開されているが、タジキスタン消化器内科研究所において既に配置されたCT医療コンテナの研修開始イベントや、国立がんセンターに配備された内視鏡等の最新鋭医療機器の供与式典に参加。いずれも心温まる歓迎を受ける。
その後は、ラフモン大統領が軍の行事で遠隔地にいるため、大統領に代わりムフリッデン外務大臣と会談。岸田総理の大統領宛て親書も手渡す。今回の訪問の意義と支援を今後も続けていくこと表明するとともに、日本でも効果大の安全運転シュミレーターの導入について提案。
引き続き、この安全運転シュミレータ―について担当大臣であるラヒムゾダ内務大臣にも示し提案。2019年のラフモン大統領・安倍総理との共同声明にも技術支援と人材支援が謳われており、日本としても支援を約束。
タジキスタンでの交通事故は、人口・車台数の比較ではかなり高く、今後経済成長により車が増えれば加速度的に事故は増えることが懸念される。
今から対応をすべしとアドバイス。
昼食は取らずに、引き続きエネルギー水資源大臣とタジキスタンの豊富な水資源を活用した発電事業等について説明を受ける。
結びは、カビル産業新技術大臣と会談。「安全運転シュミレータ―」についてさらに突っ込んだ意見交換。
足早に空港に行き、昨日のチャーター機でタシケントへ。(ウズベキスタンまでフライト時間40分)
市内の日本料理店にて久しぶりに日本食を食べる。昼食も抜きだったのでビールと相まって旨い!。ウズベキスタンでも意外と美味しい日本食が食べれるのです。空港に戻り22時過ぎのフライトで東京へ。295969311_2689897004474045_8505895536522557419_n 295987485_2689896907807388_2165591563117243774_n 296378828_2689896947807384_4998087968053774207_n 296433419_2689896974474048_6545538561210572688_n 296435303_2689897027807376_4299927096894904439_n 296453212_2689896904474055_1373971814455070006_n 296680073_2689896967807382_7569529463313780063_n 296783462_2689897014474044_2861907305335297516_n 296971322_2689896941140718_943139193341578135_n

コメントはまだありません

タジキスタン初日

カテゴリー:未分類

2022年08月02日

タジキスタン初日
朝八時前に、ウズベキスタンのタシケント空港からタジキスタンのドゥシャンベに向かう。あいにく今日はフライトがなく、やむなくチャーター機にて。
到着後は、まずは議員連盟会長を務めるタジキスタン側のハキムソダ会長と3名の国会議員メンバ―で二国間の今後の取り組みやタジキスタンが抱える問題等について率直な意見交換。
そのまま昼となり、場所を変えて民族料理店にて昼食を交えながらの懇談。国は違えど同じ国会議員同士で気軽に意見交換。
昼食の後は、23年前に内戦終結後平和維持活動に参加していた時に、反政府ゲリラにより殺害された国連タジキスタン監視団政務官秋野政務官の記念プレートに献花。4年前に訪問した時にも献花している。
その後は、カリムゾダ農林大臣と事務方幹部交えて意見交換。ラフモン大統領が力を入れているブドウ栽培のプランテーションのブドウの日本への輸入の可能性について意見交換。日本にはまだ輸入されていないが、食してみると美味しいの一言。問題は如何に輸送コストをおさえるかだ。今後は大使とタジキスタン農林省、日本側企業と詰めていくこととなる。
意見交換後は、そのプランテーションに足を運び、最新の技術で栽培されているブドウを試食。4年前に食べた時よりも明らかにクオリティは上がっている。
夜には、相木大使主催による大使公邸での夕食会に出席。昼の議連メンバーも含めタジキスタン側から議会関係者らが出席。
明日は、朝8時から、供与された医療コンテナの披露会とともにこれを活用した研修スタートに当たり、セレモニーに出席し挨拶。
296377114_2689314834532262_6806885760106851986_n 296483874_2689314884532257_4263842470048877292_n 296768937_2689314827865596_6589936983974609228_n 297114923_2689314894532256_1497432454757094136_n 297155472_2689314941198918_1711751511279361073_n 297236206_2689314947865584_1472403098576712166_n

コメントはまだありません

ウズベキスタン最終日

カテゴリー:未分類

2022年08月01日

ウズベキスタン最終日
朝には、日本が支援して建設予定の脳神経センター予定地を視察あとは政府幹部との会談や、今回訪問の主目的である医療コンテナ贈呈式典に出席。
まずは、ミルジョーエフ大統領の側近であり実力者のウムルザーコフ大統領府長官との会談。
国交樹立30年を契機に各種事業が展開されているが、そのフォローや今回の医療コンテナ納入、また人材育成をはじめとする日本の強みとして支援できる具体策について提案。
その後は、アジズ副首相兼観光大臣との昼食を兼ねた会談。
引き続き外交樹立30年記念として、医療コンテナ納入式典に出席。会場では写真のように大歓待を受ける。
この後もホジャーエフ副首相兼投資対外貿易担当大臣と日本からの投資等について意見交換し、19時からは、シェルマートフ情報通信大臣と会談。交通安全運転シュミレーターには高い関心を持つ。20時過ぎまで行いホテルに戻り身内の食事会。
何と昼の会談にてアブト大臣の計らいで民族音楽家の皆さんのによる演奏を楽しむ。
というわけで、今日もテンコ盛りの一日でした。
いずれの政府首脳も40代と若く、ウズベキスタンの可能性を象徴しています。
295983009_2688538231276589_3069099789235407162_n 296149798_2688538104609935_523944193996173250_n 296355254_2688538084609937_5315955925048409886_n 296412323_2688538097943269_5266571447082633085_n 296518929_2688538191276593_7410351859877000247_n 296749716_2688538197943259_2756992696190108851_n 297096338_2688538044609941_2667673033367294455_n 297102496_2688538051276607_7052774347578769086_n 297104976_2688538127943266_4342404378448173928_n 297119223_2688538077943271_664142433801603932_n 297120970_2688538147943264_1559594633534401349_n

コメントはまだありません

ウズベキスタン二日目

カテゴリー:未分類

2022年07月31日

ウズベキスタン二日目。
日本とは4時間の時差があり、昨夜首都のタシケントホテルに到着したのが現地時間22時前(日本時間2時前)
今日は9時過ぎに日本人抑留者墓地に参拝。2015年に故安倍元総理も参拝した墓地で、現地のボランティアが日頃から清掃を行ってくれているのは感謝。
その後は、ナボイ国立劇場を視察。この劇場は終戦直後シベリアに抑留された約450人の日本人が建設に従事し、伝統的な建設物を見事に竣工させた。1966年に市内を襲った大地震でほとんどの建物が被災したがこの劇場だけは無傷で残り、市民の避難所となった。この事実をタシケントン市民が知ることとなり、日本人への尊敬と感謝の念が一層高まったという。音響も最高の劇場で、ぜひオペラやバレェ開催の時には聴きに行きたいものだ。
昼には藤山大使公邸にて、参加メンバーによる昼食会を開催していただく。
午後には、国立緊急医療センターを視察。このセンターには日本はじめ各国の支援により最先端の医療機器が納入されている。明日開催予定の医療器材供与式典では当センターに納入されたCT装備の医療コンテナが納入される。
この医療コンテナは、私が会長を務める議員連盟や国土強靭化基本計画で国内展開されているものを、海外支援につなげているのだ。
夕食までに時間が少しあったので、国立歴史博物館に足を運ぶ。長い歴史の中でウズベキスタンは多くの国から侵略を受けており、そのことが教訓となった国家運営をしていることがよく理解できるのだ。
夜は、今回の参加メンバーで身内の夕食会。場所は「グルジア(現ジョージア)レストラン」。
明日は、政府要人との会談等が続きます。
295026880_2687799618017117_2475061023587416709_n 295071713_2687799608017118_4177333231704448925_n 295502059_2687799408017138_1336452261969864363_n 296138841_2687799431350469_8112969311448519693_n 296328597_2687799394683806_4580828318420473460_n 296378811_2687799418017137_1638299073139036839_n 296436428_2687799511350461_6981743232618365259_n 296542717_2687799551350457_1665209301240018805_n 296609993_2687799564683789_3765159060203598891_n 296793050_2687799484683797_233912099434789165_n 296962270_2687799504683795_8296554418055908319_n 297037478_2687799474683798_5150213309899101035_n

コメントはまだありません

ウズベキスタン・タジキスタン出張

カテゴリー:外交

2022年07月30日

0C0076B0-5D3C-4A2D-BBEC-CF06BAF68068

今日からウズベキスタン、タジキスタンを訪問します。
私は日本タジキスタン友好議員連盟会長を務めると共に、医療コンテナ議員連盟会長として、長年取り組んでいる医療コンテナの海外支援のため、日本・中央アジア5カ国の外交30年記念事業の一環となる両国への引渡し式典に出席する。
医療コンテナは、初代国土強靭化大臣の際に策定した、平時活用・有事機能発揮のコンセプトに合致する取組みであり、国内外での更なる活用が期待されている。
今後、日本独自のきめ細かな海外への医療支援として普及展開させていきたい。
その他、ラフモン・タジキスタン大統領との面会など、政治・経済分野の要人と面会予定。
安倍元総理が進めてきた地球儀を俯瞰する外交により、両国との緊密な関係が構築されてきた。今後もこの政治外交姿勢を継承していく。

02D40130-1C9F-4304-88B1-D85BBD977BFD
写真は、2018年ラフモン大統領と国内展開の医療コンテナ。

EE33F4DB-ACF6-44CD-AAE8-4DF3A12C36A9

コメントはまだありません

午前中の党政調審議会ならびに総務会にて来年度概算要求基準について承認を得る。事前に財務省と、一昨日の全体会議にて出された意見を反映して修文。

DSCN9826

 

これに先立ち、財務省寺岡主計局次長と最終修正版について合意。

また、政調会長代行室にて、国交省鉄道局奥田審議官並びに上原局長(リモート参加)と、リニア新幹線静岡問題の対応について意見交換。

DSCN9825

午後には、議員会館事務所にて中津川市青山市長、下呂市山内市長来訪。懸案の濃飛横断自動車道の要望に。

DSCN9837

また、この他にも来客対応や関係省庁からのブリーフィングに充てる。DSCN9843 DSCN9846 DSCN9848 DSCN9851 DSCN9852

 

 

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

来年度予算概算要求基準について

カテゴリー:未分類

2022年07月28日

昨日の政調全体会議にて来年度予算概算要求基準について議論し、出席議員からの要望等についての取り扱いは高市政調会長一任となったので、今日早速財務省主計局長らと意見交換及び文章取り纏めに向けての打ち合わせ。DSCN0168

また、参議院選挙では憲法改正が重要なテーマとして全国各地で取り上げられたが、今日は選挙後初の党憲法改正実現本部幹部会(5人会議)を開催。高村顧問も出席。具体的内容は控えるが今後の取り組みについて基本方針を議論。

DSCN0155

この他にも、政調会長代行室にて地域からの要望を受けたり、メディアからの取材や関係省庁幹部訪問、また党政調会会議等に出席する。

DSCN0151

DSCN0163

DSCN0157DSCN0170DSCN0174DSCN0182DSCN0184

 

夜は、参議院選挙の慰労を兼ねて高市政調会長を囲み少人数で今後について率直な意見交換。なお写真は省略します。

 

 

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

ページトップへ