古屋圭司通信

マレーシアのマハティール首相と会談

カテゴリー:外交

2019年05月31日

マレーシアのマハティール首相と会談

 

本年93歳となってもお元気なマハティール首相とマレーシア議員連盟会長の立場で40分ほど会談。

会談には議員連盟の宮下一郎事務局長や山田賢司外務政務官(議員連盟幹事)も同席。

 

昨年5月の総選挙での政権交代により、17年ぶりに首相に返り咲いたマハティール首相は、組閣前に日本を訪問。

当時議院運営委員長を務めていた私が主催する議員会館国際会議室での演説会には、4日前の通知にも関わらず330人もの国会議員がマハティール首相の演説を聞いてもらった。

両国の絆と信頼関係を象徴している。

 

毎年マハティール首相は日本を訪問されているが、今日は午前中の安倍総理との首脳会談前に我々議員連盟との会談の時間を取っていただいた。

 

ルックイーストポリシーに代表されるように、マハティール首相は日本の経済支援もさることながら、日本人の道徳観や精神文化こそ見習うべきと今日も強調。

 

私からは、議員連盟としても推進している日本の大学では初となるマレーシアへの筑波大学分校設立に向けての協議が順調に進んでいることや、日本企業はマハティール首相が言及しているように両国がWIN-WINの関係を築くことができるような企業文化を持ち合わせていることなどが話題になる。

 

また、前政権の時に検討されていた新幹線の誘致は3年間凍結となったが、新幹線に限らず日本の鉄道は世界一安全かつ正確で相手国の実情を勘案し、マレーシア側からの要望にきめ細かく対応できることを強調。

DSCN4898DSCN4880DSCN4895

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

2泊4日の強行軍

カテゴリー:北朝鮮拉致問題, 外交

2019年05月04日

拉致議員連盟会長としてワシントン出張。
実質1日半の活動で精力的に活動。
行動を共にした拉致被害者家族の横田拓也氏や飯塚耕一郎氏は家族の思いを率直に語っていただいた。

864E339E-C41B-4A4D-8AF7-7566DD22AAE9

ビーガン国務省北朝鮮担当特別代表、サリバン国務副長官、関係下院議員、大統領次席補佐官でありトランプ大統領側近のNSC(国家安全保障会議)アジア上級部長を務めるポッティンジャー氏など多くの関係者と会談。

997D1054-1206-4A3A-B24D-8BB64D3E59F2
今朝は米国を代表するシンクタンクの一つであるハドソン研究所主催のセミナーに参加し私からは意見表明と質疑応答にあたる。
トランプ大統領と安倍総理との強固な信頼関係のもと、拉致問題解決に向けて米国側も日本としっかりと連携する姿勢を確認できた。
トランプ大統領は、米朝首脳会談の際に3回拉致問題解決を金正恩国務委員長にはっきりと迫っている。

FD9C3CD8-C893-45E7-A3CC-29A4D298E98D
安倍総理は「相互不信の殻を破り日朝首脳が直接向き合い拉致問題の解決を目指す」と言及しており、我々の今回の訪米もその実現のための環境づくりだ。

4月の日米首脳会談につづき、令和初の国賓として5月末に来日するトランプ大統領との会談、6月のG20と3か月連続でトランプ大統領ー安倍首相会談が行われる予定だが、これは金正恩国務委員長への圧力につながることは間違いない。

来週には菅官房長官がペンス副大統領との会談やNYでのシンポジウムに出席予定。
なお、夕方には北朝鮮が短距離ミサイル発射のニュースに接するが想定の範囲内であり、冷静に受け止めるべきだ。

明日午前中の便で帰国予定。

5E5A990E-046A-4F44-B1D0-74296757B278

コメントはまだありません

今日午後の参議院本会議にて来年度予算が成立。

13B5DFC4-05BE-4581-9057-9ADF448BB4AE

私が幹事長を務める天皇陛下御即位30年奉祝議員連盟と民間団体共催により、来る4月10日開催の奉祝感謝の集いの概要につき記者会見を行う。

三部構成で、まずは両陛下がしばしば鑑賞される古典クラシック演奏に始まり、式典のあとは、松任谷正隆氏プロデュースにより御製・御歌を自ら作曲の曲にのせて、松任谷由実さんやMISIAさんなどによる歌の披露することを発表。

0C48D576-D258-4BF8-87EA-B27A1FE30B7E

その後は【太平洋島嶼国リーダー育成支援プログラム】のレセプションに議員連盟会長として激励。

AFFB8D87-89D3-4070-9C0A-66F97CCDC3D3

792E77E8-409F-4580-8088-E09BB4490A91

夜は私が会長を務める日華議員懇談会総会&懇親会を開催。ゲストとして台北代表処の謝代表(大使に相当)もお招きして盛大に開催。

AF8B75D8-D667-49D9-9560-BAB1E6FB1A6F

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

瀧口前クロアチア大使帰国。

カテゴリー:外交

2019年03月19日

A0910489-D5E7-4FBB-8F1A-86D31E00854E

旧運輸省勤務時代から懇意にしていた瀧口大使が3年の任期を終えて帰国。
私の事務所にご挨拶に来られました。

お土産はネクタイの発祥地である(!?)クロアチア製ネクタイとトリフのオイル(写真)。
トリフオイルはパスタにふりかけるとトリフの香が味を引き立てるとか。早速試してみます。

4061ED10-AD66-4386-9700-2621CB5C40F9

クロアチアは1991年に旧ユーゴスラビアから独立。歴史ある街並みやアドリア海の真珠といわれるように自然と文化盛沢山の観光地ですが、日本からのダイレクト便は無いのでちょっと不便。
しかし、最近は観光客は増えているとのこと。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

DDF14F1A-E211-4149-B243-92F42940A6C4

自民党モータースポーツ振興議員連盟総会を開催。
各種モータースポーツ関係者、2輪4輪のトップドライバーが出席。2018年の大会報告と今年の予定について、それぞれ説明。

3C71B2CF-0487-435A-804D-8FBC3D7DA82F
また、先週末東京の公道で初めて開催したF1デモランの報告や、2020年WRC愛知・岐阜開催についても計画が順調に進んでいる旨報告あり。2020年WRC日本開催を必ず実現させていく。

BCCBACD1-3C9A-44A8-AD7E-51B04B12BE84

また、ケネディ・ジャワンマレーシア新大使が着任挨拶に来訪。

63369025-3A06-4441-A989-BF60F1F9E518

著作権法改正について、テレビ新聞各社インタビューを受ける。本日の朝刊に各紙報道されています。

 

コメントはまだありません

スペイン主要紙 インタビュー

カテゴリー:外交

2019年03月12日

F1F904C5-5D18-4404-ABBB-A405911739B1

外務省の外国報道関係者の招へい事業で、スペイン主要紙「エル・パイス」の国際部長よりインタビュー。
スペイン語圏の人口は約5億人おり、世界的にも大きな影響を持っている。
この事業は、日本の政治・経済・文化に対し、正しい対日理解の増進、好感度向上を目的としている。
外国との政治、経済での友好発展には、正しい認識の報道も重要な役割のひとつ。

インタビューでは、自民党政権の強み、経済政策、女性参画また拉致問題など多岐にわたる質問を受ける。
後日、世界に配信される予定。

FBC7ECBF-1EBE-4FCA-AF0E-A611D462391F

コメントはまだありません

3B64F17F-B554-4248-A6C5-9EFABF43B18B

この度、タジキスタンよりサリムゾーダ会長はじめ5人の国会議員を衆議院にて招待。昼には、議員連盟として意見交換・昼食会を開催。

私は昨年9月に、実質0泊3日の強硬軍でタジキスタンの首都デュシャンぺを訪問。
ラフモン大統領に総理親書を手渡すとともに会談。その際に大統領の訪日を要請。
またサリムゾーダ議員連盟会長とも会談。
詳しくはこちら(http://www.furuya-keiji.jp/blog/archives/11990.html)をご覧ください。

976BC6F7-DD93-4266-AD99-D0A7D6A0ED16

ラフモン大統領は、昨年10月に訪日し、安倍総理との首脳会談で人材育成のプログラム、医療コンテナ活用による支援事業等を合意。
地政学的にも中央アジアの重要な国である。
またUNDPと連携し日本もアフガ二スタン国境管理支援を行っている。

A27F494B-F7A1-44F7-A25E-A4DB64E9C0F9

今回は、今後の支援プログラムや二国間交流の進化について議員連盟同士として率直な意見交換を行う。今後の政府支援プログラムにも反映させていきたい。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

7時間の予算委員会は淡々と進行する。

IMG_9174

今朝は、自民党内閣部会が開催され、運転時の携帯電話使用への罰則強化、自動運転に関する道交法改正の審議などが行われる。
スマホによる交通事故は増加傾向にあり、明らかな故意犯にも関わらず、罰則が軽いため抑止効果になっていない。
今回、罰則を強化し、現在の反則点数1点を3点に、反則金の限度額は普通車などで8千円から4万円に改正していく予定。

日本では2020年までに高速道路における自家自動車の自動運転(レベル3~のメーカ責任)、限定地域での無人自動運転移動サービス(レベル4)を目指しており、実現するには様々な法改正が必要となる。
道路交通法70条には「運転者はハンドル・ブレーキを確実に操作し、・・・他人に危害を与えない方法で運転しなければならない」と明記。
またジュネーブ条約8条には、「運行されている車両は、・・運転者がいなければらならない」と明記。
2020年めどの自動運転実用化に向けた技術開発が進む中、現行法は、自動運転を想定したものとなっていないのが現状だったが、いよいよ法整備と技術面でその環境が整いつつある。
自動運転は、着実に実現に向けて進み続けている。

DSCN3743

その他、中南米地域の大使との意見交換会に、キューバ議連会長として出席。
現地での生の声を大使からヒアリングを行う。

DSCN3738

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

IMG_9115

日本・マレーシア双方の弁護士会は、両国法曹界、経済界のさらなる協力関係強化のために、この度「友好協定」締結の調印式を明日に控え、両国間の弁護士会メンバー役員と議員連盟や日本・マレーシア協会との意見交換会が開催されました。

日・マ両国は長年にわたり信頼関係を構築しており、昨年再登場したマハティール首相はルックイーストのもと日本との連携強化を進めてきましたが、再登板後もこの考え方に変わりはありません。むしろ強化をしていくべきとのスタンスです。

日本企業も1400社以上がマレーシアに進出しており、相互のビジネスに関わるリーガルサポートは喫緊の課題でした。

むしろ遅きに失した感は無きしもあらずですが、これからはこの「友好協定」の締結を機に経済交流に不可欠なリーガルサポートが双方で進んでいくことを期待します。

ALIM2219

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

 

コメントはまだありません

岐阜のインバウンド戦略

カテゴリー:外交, 選挙区関連

2019年02月01日

702663EE-CB21-44BE-894F-D4E25301C120

フランス大使公邸で、岐阜とフランスのパートナーシップ10周年を記念したセレモニーに出席。

フランスの格付けラ・リストで世界10位に選ばれた柳家をはじめ、地元からも多くの関係者が参加。

美濃焼、地歌舞伎、飛騨牛、日本酒…。
世界的に高い評価を受ける岐阜の名産品を個々でPRするのではなく、オール岐阜で売り込んできた結果、見事インバウンドに成功。フランスからの岐阜への観光客はこの10年で8倍に。

AF621470-7873-420C-A7AF-C668C55D449F

東濃は広域的連携による滞在型観光エリア(地歌舞伎の通年開催、美濃焼、温泉、中山道…)に取り組んでいる。2027年リニア駅を手段として、台湾やASEANをはじめ、より一層のインバウンド対策を推進する。

6338055E-C744-45BF-B25C-CA779F517F7B

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

ページトップへ