古屋圭司通信

朝のCLT議員連盟総会や税理士制度議員連盟総会に出席のあとは、議員会館にて種々打ち合わせや面会。

DAE6F444-AF4E-4C82-B12A-B7F3FF2E17DC

昼には、故津川雅彦さんのお別れの会に参列。
奥様の朝丘雪路さんとの合同お別れの会として行われました。
安倍総理からもお別れの言葉が。
津川さんには、私が拉致問題担当大臣の際に、ボランティアでポスターにもご協力いただきました。
本人は「芸能界では珍しい保守なんです。」と公言して、度々会食もご一緒させていただきました。
夫婦で仲良く天上界で語り合われるのでは。

喪主で長女の加藤真由子さんは、最後はジメジメせず拍手で笑って送り出したいですと挨拶され、津川さんのお人柄を表したお別れ会だった。

改めてご冥福をお祈りいたします。

96E8AB7E-0F1D-434E-89BD-E73A7213EFA7

午後には、浜松沖遠州灘での開催が決定した「ヘミングウェイカップ・イン・ジャパン」の調印式が来月キューバで開催されますが、そのお礼と打ち合わせに地元の城内実議員や関係者が来訪。

そのほかにも地元林業関係の要望など多忙な一日。

夜は、総理も出席の総務会懇談会やレバノン独立75年記念式典に議員連盟会長として挨拶。

というわけで、今日は飛び回りました。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

16A559EC-0129-4AF9-AAA9-44461F347A8B

政府あげたCLTの推進が確実に進んでいる。民間による協会、そして首長連合も組織され、全国でその取り組みが軌道に乗り始めた。
私が初代国土強靭化大臣の際に作った国土強靭化基本計画に、具体的取り組みとしてCLTをいれた経緯がある。

今日は、私が会長代理を務めているCLT推進議員連盟幹部で、二階幹事長へ要望。
自民党本部は、全国から多くの方々が出入りをするので、一階ロビーの受付や椅子やテーブル、掲示板、柱等々にCLTを使用してもらうことを検討。二階幹事長からは目に見えて実感する取り組みが必要と。

CLTについては、こちらをご覧ください。

http://clta.jp/

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

 

コメントはまだありません

DSCN3008

初代国土強靭化大臣の頃から取材を頂いていた新建新聞社が、今春にソフト・ハード

両面から日本のレジリエンスを考える雑誌「レジリエンス・ジャーナル」を発行予定

で、創刊号の巻頭特集として、防災科学技術研究所の林春男理事長との対談取材を行

いました。

 

国土強靭化基本計画を閣議決定するまでの経緯やこの基本計画に基づき着実にソフ

ト・ハード両面にわたる政策が前に進められていることを、具体例をあげながらざっ

くばらんに対談しました。

 

ぜひ発刊される記事をご覧ください。

DSCN3012

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

今日から予算審議は参議院へ。
建設的な議論を望み、速やかな成立を目指す。
このことが最大の景気対策。

3FullSizeRender

3月3日に名古屋で開催される「百年の計シンポジウム」のビデオメッセージを収録。

このシンポジウムのテーマは、創業百年を超える長寿企業に経営の秘訣を学ぶ。

まさに企業経営のレジリエンス。
私は、初代国土強靭化担当大臣として講演予定だったが、国会開会中ということで、ビデオメッセージにて出演。

日本には、百年を超える老舗企業は3万社存在し、二百年を超える企業は世界の56%を占める。
私が初代国土強靭化担当大臣を務めた際、
①致命傷を負わせない
②被害を最小限にする
③速やかに復旧する
この3点を大きな目標とした国土強靭化基本計画を策定し、あらゆる分野のソフトハード両面の対策を講じた。

企業経営においても同様、金融危機、経済変化、未曽有の自然災害など、あらゆる困難を乗り越えるための経営のリスク管理は大変重要。

FullSizeRender4

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

ユアサ商事350周年

カテゴリー:国務大臣, 未分類, 選挙区関連

2016年05月26日

image国土強靭化担当大臣の時に、レジリエンス住宅などでご協力いただいたユアサ商事が何と今年で350周年を迎えました。

上場企業の中で7番目に古い企業だそうです。

継続こそ力なりといわれますが、一般的に企業の寿命は30~50年ともいわれている昨今、350年も続くということは確たる経営理念が脈々と受け継がれていることの証でしょう。

私の地元の瑞浪市においても、先進的取り組みとしてスマートシティ、レジリエントシティのモデルケースとして新たな住宅開発を担っていただいています。

というわけで、今日は350周年式典にご招待いただきました。

【http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中】

コメントはまだありません

FullSizeRender

私が国家公安委員会委員長のときに取りまとめた交通規制・取り締まりのあり方の見直しの一つとして、高速道路の制限速度の見直しを決定しました。

今日午前中の国家公安委員会にて正式決定の上記者会見で発表されます。
 
設計速度120キロの高速道路(例えば第二東名など)は、全国で約860キロありますが、いずれも制限速度は100キロのままでした。

建設費用は設計速度100キロに比して23%ほど高いのです。

それだけカーブや車幅など安全対策が充実しているのです。

今般、設計速度120キロの一部を、実証実験として、段階的に制限速度を上げていくことが決定。

決定までには、警察などが総合的な検討を行なったことは申し上げるまでもありません。

制限速度表示版の設置などの整備があるため、実施は少し先になりますが。

写真2-300x218

また、既に 2月19日のFBとブログでも記した通り、登坂車線の見直しの実証実験が3月28日から、中央高速道路下り多治見から内津PAの間で実施されます。

私が提言した見直しが着実に実施に移されています。

写真は、平成25年12月26日に提言として出された「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する提言」と、国家公安委員長として、受け取ったときの様子。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

レジリエンスアワード2016

カテゴリー:国務大臣

2016年03月15日

image

私が特別顧問を務めるレジリエンスジャパン推進協議会主催のジャパンレジリエンスアワード2016の表彰式に出席、古屋圭司 初代国土強靭化大臣賞を授与。

image

今回、全国からの応募が250件以上あったとのことで、民間の企業、団体に加えて、NPOや地方自治体、教育機関など、国土強靭化のオールジャパンの取組みが着実に広がっていることを実感。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

文化・芸術の一日

カテゴリー:伝統・文化, 国務大臣

2016年02月14日

image

午前中は、私が顧問を務める舞踊「ゆきこま会」の後援会総会に出席。 ゆきこまは、私の地元東濃で45年前に故平田宏之先生ご夫妻により始めたモダンバレーとミュージカルをコラボした新しい現代舞踊。現在は二代目の木原創先生ご夫妻が立派に引き継いでいます。 何度も日本舞踊コンクールで優勝の実績もあり、子供たちの真剣な舞踊演技は観ている人を感動させます。今日は、バレンタインデーということもあり、皆さんからチョコをいただきました。 image 午後は東京に戻り、芸大の奏楽堂にて芸大ブラスバンドと海上自衛隊ブラスバンドのジョイントコンサートに出席。 かつて防災大臣を務めていたときに、被災地伊達市の小中学校ブラスバンドと芸大ブラスを引き合わせて以来、毎年定期的な交流をしています。今日はその伊達市から代表が芸大ブラスに参加! image また、海上自衛隊ブラスと芸大は、拉致問題チャリティーコンサートで一緒に演奏していただいたこともあり、今日は、幕間に日本クラリネット協会会長で芸大教授の山本正治先生とステージで経緯のお話をさせていただきました。ちなみに、私は現在日本クラリネット協会特別顧問を務めています。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

2015-02-14 11.05.16

初代国土強靭化担当大臣として全国から講演依頼を頂いています。

今日は大阪においてユアサグループ主催、レジリエンスジャパン推進協議会後援のシンポジウムで講演。

20150214_104047

国土強靭化と地方創生はいわば車の両輪のようなもの。

国土強靭化は、単純にマイナス面を減らしていくだけではなく、プラス面を伸ばし成長戦略に繋げていく、すなわちアベノミクスに繋がっていきます。その中には、大きなビジネスチャンスを掴むヒントが沢山あります。

2015-02-14 11.05.43

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

「危険ドラッグ」流行語大賞

カテゴリー:国務大臣

2014年12月26日

DSCN5693

テレビのニュースやワイドショーを見ていると「危険ドラッグ」関連の放映が目立ちます。

「脱法ハーブ」などと称して危険極まりないドラッグが、ちょい悪ファッションのノリで法の網目を縫って堂々と販売され、多くの死傷事故が生じている深刻な事態。

20141226_094504

私が国家公安委員長のときに、まずは名称を「危険ドラッグ」と徹底するようにメディア関係者に要請するとともに、厚生労働省や警察など連携して法律改正を含むあらゆる手段を講じて取り締まりの徹底を図りました。

まさしく政治主導による「危険ドラッグ」殲滅作戦が矢継早に始まっています。

1419390876645

ちなみに「危険ドラッグ」が今年の流行語大賞に選ばれて12月1日の表彰式に命名者として私が受賞しました。

年間大賞は「ダメよ、ダメダメ」が受賞しましたが、「危険ドラッグ」も選ばれたなら、「危険ドラッグ、ダメよ、ダメダメ」となり、ふさわしかったかも(^―^)。

総選挙公示前日のこともあり、候補者である私が映像に映る報道は控えられていましたが・・・・。

というわけで、改めて「危険ドラッグ」の表彰盾と表彰式、名称「危険ドラッグ」徹底の記者会見の様子を写真で紹介します。

PN2014072201001393_-_-_CI0003

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

ページトップへ