古屋圭司通信

ワシントン出張報告

カテゴリー:北朝鮮拉致問題

2019年05月15日

自民党拉致対策本部ならびに拉致議員連盟で、連休中の拉致議連や家族会とのワシントン出張報告と菅官房長官兼拉致担当大臣の訪米報告を行う。

 

いずれも菅官房長官が出席。

以前のFBやブログでも報告の通り、トランプ大統領は米朝首脳会談の際にも3回にわたり金正恩委員長へ拉致問題の解決を迫っている。

 

また4月の日米首脳会談につづき、5月の国賓としての訪日、6月のG20と3か月続けて日米首脳会談が行われる予定だが、これは金正恩委員長へのプレッシャーとなる。

 

我々拉致議連の訪問でも、また菅長官訪問も、拉致問題を解決することこそが北朝鮮の尊厳を回復し国際社会から認められる国への道を開くことができ結果として、北朝鮮の豊富な天然資源は経済発展にもつながるのだという、金正恩委員長への強いメッセージが込められている。

 

北朝鮮の朝鮮中央通信等による公式見解は、拉致問題含め厳しいトーンで報道しているが、その裏には、北朝鮮の厳しい国内事情が深刻な環境にあることだ。

一つの例として、最近平壌に行った人間は、観光客やVIP専用の高級ホテルでさえもパンが不足しているとのことだ。

 

厳しい批判を続ける北朝鮮の本音は日本からの支援が欲しいからだ。これが北朝鮮のいつもの手法。

即ち、譲歩はほんの少し、得るものは最大。

この手法は核・ミサイル問題での米朝首脳会談でもはっきりしている。

 

総理も日朝首脳会談に言及しており、これからが「胸突き八丁」。

政府と緊密な連携をしながらあらゆる手段を講じて拉致被害者を取り戻す!

IMG_0147IMG_0146IMG_0171

 【http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

2泊4日の強行軍

カテゴリー:北朝鮮拉致問題, 外交

2019年05月04日

拉致議員連盟会長としてワシントン出張。
実質1日半の活動で精力的に活動。
行動を共にした拉致被害者家族の横田拓也氏や飯塚耕一郎氏は家族の思いを率直に語っていただいた。

864E339E-C41B-4A4D-8AF7-7566DD22AAE9

ビーガン国務省北朝鮮担当特別代表、サリバン国務副長官、関係下院議員、大統領次席補佐官でありトランプ大統領側近のNSC(国家安全保障会議)アジア上級部長を務めるポッティンジャー氏など多くの関係者と会談。

997D1054-1206-4A3A-B24D-8BB64D3E59F2
今朝は米国を代表するシンクタンクの一つであるハドソン研究所主催のセミナーに参加し私からは意見表明と質疑応答にあたる。
トランプ大統領と安倍総理との強固な信頼関係のもと、拉致問題解決に向けて米国側も日本としっかりと連携する姿勢を確認できた。
トランプ大統領は、米朝首脳会談の際に3回拉致問題解決を金正恩国務委員長にはっきりと迫っている。

FD9C3CD8-C893-45E7-A3CC-29A4D298E98D
安倍総理は「相互不信の殻を破り日朝首脳が直接向き合い拉致問題の解決を目指す」と言及しており、我々の今回の訪米もその実現のための環境づくりだ。

4月の日米首脳会談につづき、令和初の国賓として5月末に来日するトランプ大統領との会談、6月のG20と3か月連続でトランプ大統領ー安倍首相会談が行われる予定だが、これは金正恩国務委員長への圧力につながることは間違いない。

来週には菅官房長官がペンス副大統領との会談やNYでのシンポジウムに出席予定。
なお、夕方には北朝鮮が短距離ミサイル発射のニュースに接するが想定の範囲内であり、冷静に受け止めるべきだ。

明日午前中の便で帰国予定。

5E5A990E-046A-4F44-B1D0-74296757B278

コメントはまだありません

ワシントンへ

カテゴリー:北朝鮮拉致問題

2019年05月02日

5BB6B3F4-D0F3-48C0-9FD5-2CF7CBAA4B0C

拉致議員連盟会長として、役員と家族会の横田拓也氏と飯塚耕一郎氏とともに、強行軍でワシントン出張。

拉致問題解決には安倍総理が主張しているように、金正恩委員長と直接向き合って首脳会談につなげることだが、そのためにも日米連携が重要だ。

C44C2FF8-28B7-4195-A5FA-33624C667BAF

5F75EBC2-4194-4099-9CB1-56E184220898

我々は、それを視野に米国政府や議会関係者との協議に精力的に臨む。またシンクタンク主催のシンポジウムにもパネリストとして参加予定。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

5836788C-284A-4AC4-90FD-13182FBDC05C

土岐市遺族会
恒例の靖国参拝に来られました。
皆さんにご挨拶をさせていただきました。
靖国の桜は五分咲き。一枚撮りました。

1C20E264-F899-499C-BC16-D34A4D9E8879

夕方には、議員会館にて「我々から訴えていく!、拉致問題の早期解決を願う若者大集会」と題して高校生が拉致問題を考え意見交換するイベントが開かれました。
「めぐみ」のアニメ上映のあとは家族会の飯塚繁雄さんによる講演。
引き続き菅内閣官房長官・拉致担当大臣の挨拶のあとに、「拉致議員連盟会長」として高校生の皆さんに拉致は単なる誘拐とは違い、国家の意思によって他国の国民を強制的に奪い取る行為でありテロにも等しく許せない行為と説明の上、拉致問題解決のためにあらゆる手段尽くしていることを強調。

51FEA6AC-4034-43F6-8BF8-5A9F4BAD24F2
「めぐみ」アニメも文科省や教育委員会が上映を推奨しているがまだその比率は極めて低く、高校生の皆さんもその啓発に協力してほしい。
大切なことは、皆さんのような若い世代が「拉致は絶対に許さない」との強いメッセージを発信することが被害者の帰国につながると訴える。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

54EC6084-D6D4-4B6B-980E-5CEA3C270144

毎日新聞WEB版「政治プレミア」の著作権法改正についてのインタビューを受ける。後日掲載される予定です。

57180032-ED8D-466F-B17E-CC4B08BC2D5E
また、本日の読売新聞朝刊にも著作権法改正についての記事が掲載されています。

F9B3603C-5CD0-4AA7-8B50-695878FFA7CF

昼には、自民党本部で拉致問題対策本部・関係部会合同会議を開催。北朝鮮に対する制裁措置の継続実施について協議。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

恵那市議会研修会

カテゴリー:北朝鮮拉致問題, 選挙区関連

2019年02月19日

今日は、予算委員会は長野と北海道にて地方公聴会が開催のため一日政務をこなす。

D11F10F8-AA27-4324-811A-ACE54C1F5800

自民党総務会のあとは、FIVA(クラシックカーなどの旧車を保存するための世界的な団体)清水日本代表や加藤カーグラフィック誌社長来訪。
私が会長を務める「自動車文化を考える議員連盟」にて取り組んでいる旧車への税制改正について意見交換。詳細はhttp://www.furuya-keiji.jp/blog/archives/8090.html
をご参考していただきたい。
日本には旧車の愛好会のような団体は数多く存在するが残念ながら全国統一の組織は無い。税制改正を要望するためにはそのような全国的な団体を組織してその組織から要望を出してもらう必要があり、今日はその組織化について打ち合わせ。

3CF8D9AF-11BE-480C-BBA7-9116B8C543E1

私の地元恵那市からは、保守系市議会議員の定期的な研修会が東京にて開催される。
内閣府や総務省から講師による地方分権改革について、全国の取り組み例をもとに講演。
じっくりと2時間半ほど研修していただく。

7FAE41AF-903E-4053-A9EF-B658B7F91AA6
夜はしっかりとノミューニケーション!。
また、党本部にて拉致問題対策本部総会を開催。米朝首脳会談を控え我が国としての対応について意見交換。そのほかにも、議員会館にて関係議員や在外日本大使との打ち合わせに当たる。

F44D6C4B-097F-47F6-9FE9-E3DB253FBC96

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

A52482BA-2262-4068-950F-78D7892A3844

我々自民党は三年ほど前からLGBT問題について正面から向きあい、前回の参議院選挙でも昨年の衆議院選挙でもHPに基本的な考え方を示し、公約として掲げている。
(詳細はこちらをご覧ください。https://www.jimin.jp/s/news/policy/137893.html)
どの政党よりも真摯に多角的にかつ関係者からのヒアリング含めて丁寧な対応をしているのが実体。
特命委員長として「多様性を認め合うことが保守の基本」との考え方に基づき「理解増進法」の提出を目指して、今日の会議で役員の意見を聞きながら一任をいただく。
一部の団体や政党が目指す「差別禁止」法案とは一線を画している。差別禁止を謳っても差別はなくならないのが国際的な教訓だ。今日はその法案骨子の詰めを行い党としての正式な手続きをとっていきたい。

E0DDD1B6-92CA-4D1E-9CCB-8A1DBA4F8051

昼には、台湾の蔡法務大臣と昼食をとりながら意見交換。明日から一泊2日の日程で台湾を訪問予定。

0CCC813D-D8BC-441D-B61E-32D7DA8ED79D

夕方には、東工大の教授で、私がかつて経済産業副大臣を務めていたころからご指導いただいている柏木孝夫先生の出版記念会にて挨拶。

3F49B62B-CF0A-4C1A-AD96-90EBCE7A6A8C

その後は「栄養教諭」の全国役員との懇談会に出席し、岐阜県代表と共に登壇。

5121C68B-AA92-4206-8590-B9D19F83A613

この他にも、内閣部会での明治の日法案骨子の説明や、消防議員連盟・総務部会合同会議、アメリカ人で北朝鮮に拉致された疑いがあり我々の地道な活動により米国上下両院で決議が実現したスネドン氏の家族との面談など、今日も一日会議や来客などてんこ盛りであっという間に一日が終わる。

3CAD08D2-C744-4CAF-8E03-11F1F5E9005C

1A360D46-5F2E-4795-983F-41776E81398A

コメントはまだありません

参議院でも重要法案である「入管法改正」が大詰めの審議が続く。

E79CD13B-D189-4616-838A-A3F1BD21788C

年末の予算編成シーズンも重なり、地元市長や議員連盟関係の財務省への要望などが続く。

9E90BB8A-9ED4-4E0A-A89A-A1265D1A3E94

昼には、拉致支援者「あさがおの会」のメンバーが党本部を訪問され、率直な意見交換をする。

79E69463-945A-4F82-A3C4-36A05D0D7C20

夕方には、私が会長を務める台湾との窓口である「日華議員懇談会」の緊急総会を開催。
一時帰国中の日本台湾交流協会代表(大使に相当)沼田氏を招いて、過日の台湾地方選挙与党民進党大敗を受け、日台関係の在り方などについても意見交換。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

945E89EF-8DB1-4EF3-A07A-95CB2F1792C2

北朝鮮により拉致された疑い濃厚のデービッド・スネドン氏の決議が、昨日米国上院本会議にて全会一致で採決された。

私がかつて拉致担当大臣を務めていた際に、米国国務省高官や北朝鮮担当特別代表等に働きかけたが、中国からの情報をもとに【証拠がない】と頑なに拒否。

日本も一時期は、政府も日本人拉致を認めることに消極的だったが、議員連盟を立ち上げ、横田めぐみさんの母早紀江さんが、健気に訴える姿がメディアに流れたことも相俟って、政府を動かし拉致認定に繋げた経緯がある。

30D2260C-0CEC-427E-8C9D-18B4CDF49320

この教訓をもとに、私が大臣退任後に党の拉致対策本部長に就いた後に、度々ワシントンを訪問し議員外交として100人近い上下両院議員本人にスネドン氏の拉致決議をしてほしいと訴えてきた。

686CCD1E-81A3-401B-911B-9FD5F13D0CAB

すでに、下院では決議がなされていたが、今回上院本会議でも議決がなされたことは、拉致問題でも米国と真の連携していくためにも意義がある。

この取り組みの過程で、ワシントン日本大使館の外交官には精力的に協力してもらった。

日本側議員から米国側議員に具体テーマで議決を要請し実現したのは初めてだという。

もちろん安倍総理も自ら言及しているよう、日朝首脳が向き合って日本人拉致問題解決していかなくてはならないが、トランプ・安倍連携のもとに、自国民拉致という問題を共有して、今後もあらゆる手段を尽くして拉致解決につなげる!

6E9E31A3-90EE-4B37-849A-AD59AD409CC7

CB7F46FC-77E0-4088-95ED-D1D6E42BFBAA

【写真は、これまでの米国議会への働きかけ、兄マイケルスネドン氏となど】

コメントはまだありません

拉致国民大集会

カテゴリー:北朝鮮拉致問題

2018年09月23日

32E30B95-BA39-42E1-8749-706F0DF1376A

安倍総理は数時間後に訪米出発を控える中、出席して挨拶を行う。
私も拉致議員連盟会長の立場で、主催者の一人として皆さんに訴える。

金委員長が舵を切りはじめたのは、強固な日米同盟のもと国際社会に徹底した圧力を働きかけた結果だ。
北朝鮮の本心は、日本からの支援が喉から手が出るほどほしいが、得るものは最大限、譲歩は最小限がマインドだ。
これをしっかり認識して胸突き八丁の協議にあたる覚悟が必要。

F648412E-0143-41AA-B803-1A03243F35AA

懸念は【日朝国交正常化議員連盟】なるものが再開したこと。
北朝鮮はこのような動きに乗じてゆさぶりをかけてくるので、拉致問題解決にはマイナスこそあれ得るものは何もない!
また南北首脳会談での韓国側の前のめり姿勢は、日米はじめ国際社会がブレーキ役をはたさなくては。

BF37FBBD-BDD5-4799-85CE-551E345FA1D6

等々。
詳しくは、動画をご覧ください。

https://m.youtube.com/watch?ebc=ANyPxKojlMavqVHDolmjC8aAZyhTJqMxNEk4PBmNtPN0F76NnGD9oIN289a-IMRU3urqfw1MIxfE_4gOZC-nV5bnpHMtEJaG8Q&v=06GGOaafNNc

(私の挨拶は冒頭から)

 

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントはまだありません

ページトップへ