古屋圭司通信

しばらく活動を休止していた「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(いわゆる教科書議連)を、このたび私が会長に復活して再開することとなった。

この議員連盟は、極端な自虐的歴史観を強いる記述の是正を目指して、平成8年に故中川昭一議員を会長として立ち上げた議員連盟だ。

平成16年には私が会長に就任し、歴史的根拠のない「従軍慰安婦」の記述の削減や国会、地方議会の合同シンポジウムの開催、扶桑社による新しい歴史教科書の検定合格などを実現し具体的な成果をあげていた。

最近の一年ほどは活動を休止していたが、本年夏の中学校の教科書採択の時期を迎えこのたび再開することとなった。

最近の小学校の教科書の記述には目を疑うようなものが蔓延している。

たとえば、改正された教育基本法に基づき学習指導要領に「天皇への理解と敬愛の念を深める」と規定されているにもかかわらず、敬称や敬語をつけない教科書が4月から採用されること。

また、指導を規定しているにもかかわらず何も指導をしない「君が代」など。そのほかにも、小学校の教科書に「自虐史観」満杯の教科書が採択されている実態を見るとき、今年の夏の中学校の教科書採択を迎え我々は活動再開と相成った。

第一回目は、高崎経済大学の八木秀次教授とともに議論を開始した。

教科書の正しい「仕分け」が各地の教育委員会にてなされるように具体的な活動をしていく決意だ。

“歴史教科書議連再開!” への1件のフィードバック

  1. 井上哲夫 より:

    古屋代議士の動画拝聴しました。 分かり易かったです。
    時間が大分出来てきましたので、大いに応援したと考えます。
    私たち団塊の世代の最後の御奉公で、お手伝いしたいと考えます。
    芦屋青年会議所OB会員62才です。
    共産党支那・朝鮮半島人の手先の巧妙な手口の洗脳教育を断固阻止して、伝統ある良い日本を、次世代に引き継ぐ役目が、団塊世代の最後の社会奉仕です。
    前回は民主党に投票してしまい、反省しています。外国人参政権・夫婦別姓・高速道路無料等々左巻き政党に騙されました。
    集会・研究会・等知らせてください。

コメントを残す

*

ページトップへ