古屋圭司通信

決戦の時!

カテゴリー:憲法改正, 教育問題, 選挙区関連

2012年12月03日

いよいよ明日から日本を取り戻す闘いが始まります。
現在の公職選挙法では、候補者自身がインターネットで情報発信をすることができません。
闘いが終わるまで、更新をするのは今日で最後です。

私の考えや想いや主張は、過去のブログやフェースブックをご覧頂きたいと思います。

日本をこれ以上壊すことは絶対に許さない!!
経済、教育、外交をたてなおす!!
日本を取り戻す!!

日本、そしてふるさと東濃にとって、今が正念場。
様々な難局に逃げず乗り越えてきた22年間の経験を活かして、日本再興のために全力で取り組む。
私は以下の決意で闘いに臨みます!!

■私には、ふるさとを元気にする着実な政策があります。
地域の活力を必ず取り戻し理想の町をつくる。
それを具体的な形にしていくのが、私の責務です。
リニア停車駅を決しました。
しかしこれは目的に向けてのスタートに過ぎません。
東濃が数十年先も、豊かな住みよい理想的な街として発展していくために、まずは道路網を整備します。
1.東濃西部都市間連絡道路の整備。
2.瑞浪-恵那バイパスの26年度着工と早期完成。
3.濃飛横断道路の下呂-中津川間の着工。
4.東美濃-三河道路の整備決定。
さらに企業の本社機能をはじめ、先端企業や研究開発施設などを誘致。
また大災害に備え、首都バックアップ機能も誘致します。
今後、計画的な町づくりを進めます。
それが新たな雇用を生み、人口を増やし、税収をあげることにつながります。
住みよい東濃、魅力ある東濃へ。。

 

■私には、日本を取り戻す具体的なシナリオがあります。
経済の再建デフレ、円高脱却を最優先し、経済、農林業を再生させる~
1.目標は給与所得者の収入増。物価目標設定。日銀法改正による政府・日銀連携強化。
2.デフレ脱却を明確にした大型補正予算と本予算編成。
3.ものづくり日本の産業復活。中小零細企業、陶磁器、林業など地場産業の支援徹底。
4.食の安全保障の視点から、農畜産業支援。農商工連携強化。
5.再生可能エネルギーとともに、燃料電池、蓄電池などを含むコージェネや小型LNG発電による「分散型電源供給」(電力の地産地消)推進。

教育を再生する自民党は教育再生実行本部ですでに具体策を出しています。~
1.教育委員会制度の抜本改正により、無責任教育行政を是正。
2.「いじめ対策基本法」の制定とともに、地方自治体も同様に条例が必要。
3.大学入試の抜本改革。一発勝負のシステムから、何度も挑戦できる制度創設など。
4.日本の伝統文化に誇りを持てる教科書へ。教科書検定制度を抜本改革し公正な教科書に。

~危機的状況に陥った外交を建て直す
1.まず優先すべきは、日米同盟の信頼回復と強化。領土、領海を自らが守るための法整備。
2.サイバーセキュリティ対策を国家レベルで徹底させる。
3.北朝鮮拉致は国家によるテロ。拉致の完全解決なくして一切の支援をしない。先頭に立って拉致の解決を果たす。
4.例外なき非関税化前提のTPP参加に反対する。

憲法改正へチャレンジ~
日本人の手で新しい憲法制定に挑む。まずは改正条項96条の条件緩和を問う。

 

http://facebook.com/furuyakeiji  Facebook活動中!!】

コメントを残す

*

ページトップへ