古屋圭司通信

現代の災害

カテゴリー:自民党選挙対策委員長, 選挙区関連

2018年10月25日

自民党LGBT特命委員長として、稲田朋美議員とともに民間団体の役員と意見交換。
我々自民党が目指しているのは、保守政党として多様性を認め合うとの考えで、理解増進のための基本法の成立を目指していること。このことがまずは大切で理解が進んでいない現状で「差別禁止」を盛り込んでも現実の差別はなくならないと強調。

CFFD091B-2A07-4999-844C-F9433E13BE1F

地元5市の市長が来訪。今年の猛暑を教訓にすべての小中学校にエアコン設置の要望に。
私の地元には1000クラスほどある中で、現在エアコンが整備されているのは、ほんの一部。
来年の夏までに整備を完成させることを目標として関係省庁に要望も合わせ行う。

今年の猛暑では全国で台風や水害の犠牲者を上回る熱中症による犠牲者が。もやは災害に等しいとの立場で、昨日の総理所信表明演説では本年度の補正予算でエアコン設置の予算確保につき言及。

6A56BC8E-E404-49D8-886E-D633C61C7FFD

この他にも、地元から災害対策協議会の皆さんが来訪・要望に来られたり、多くの来客対応をさせていただく。

C337B38E-4DB7-49F9-B7C6-C6C5487B8DE4

夜は、私が自民党選挙対策委員長当時に、茨城6区の公認候補として決定し昨年の選挙で見事激戦を制して小選挙区で当選した「國光あやの衆議院議員」を育てる会にて挨拶。医者であり元厚生労働省に勤務していた國光氏に期待しています。

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントを残す

*

ページトップへ