古屋圭司通信

地元瑞浪市が300年の歴史伝統のある地元蔵元の「日本酒」と「陶磁器」の最新鋭技術をミックスさせ「瑞浪ブランド」として全国に売り込む。

メードインジャパンの「酒」「器」が世界的にもブームとなっている中で、地域の特徴を出していかに魅力的な特産品を作っていくか、PRも含めて地道な努力が必要だ。

瑞浪が一体となって「瑞雲」を育てていってもらいたい。

FullSizeRender

 

http://facebook.com/furuyakeiji Facebook活動中!!】

コメントを残す

*

ページトップへ